短期間で二重まぶたに変身|二重整形で目元の印象change

女性

美しい目元を作るために

カウンセリング

カウンセリングが重要

美しい目元になりたいという方は二重手術によって、理想の目元を作ることができますが、整形手術を行う際にはカウンセリングを十分に行い納得してから行う必要があります。二重手術を受けるためには、色々準備することがあり、信頼できる美容整形外科を探すことや、カウンセリングを受けてどのような手術を行うのかを確認しましょう。二重整形手術はどのような方法で行うのか、手術中や術後の痛みはどの程度か、術後から腫れが引くまではどのように過ごしたらよいのかを確認しておく必要があります。美容整形外科では最初にカウンセリングを行い、手術内容について十分に納得できてから、治療申込書や術後管理説明文に必要事項を記入しなければなりません。術後管理説明文というのは、手術直後にどのような状態になるのかを医師から説明を受け、きちんと説明を聞きましたという確認書のことです。カウンセリングや術後の説明を医師自身が行いますので、もし何かわからないことや不安なことなどがあったらその場ですぐに確認し、十分に納得した上で書類に記入し、押印をします。二重手術はプチ整形も含めて、手術に伴う危険性なども十分に納得した上で、手術を受ける患者自身も十分な心構えが必要になります。手術は理想の目の形に近づけるための手術法ですので、完全に左右対称にはならないことを十分に納得しておきましょう。また目の周りには毛細血管など細かい血管が多いので、どうしても手術後には多少の内出血や腫れが出てきますので、ある程度のダウンタイムが必要になります。二重手術は出来るだけ両目とも同じバランスになるように二重の幅を調整して行うのですが、ダウンタイムが過ぎた後も、1ミリから2ミリ程度の左右の差が出てくることもありますので理解しておきましょう。二重手術後は麻酔や手術の影響でまぶたが腫れるので、瞬きをするたびにまぶたが引っ張られる感覚がありますが、1週間程度経過するとまぶたの皮膚が馴染んできます。術後は出来るだけ目をこすったりしないようにする必要があり、花粉症やアトピーなどで目が痒くなる方は目をこするのを出来るだけ避ける必要があります。コンタクトのつけ外しも、上まぶたを強く引っ張る原因となるので、二重が崩れる原因になりやすいので気をつけましょう。二重手術で多い埋没法は糸でまぶたの皮膚を数か所止めるだけの簡単な手術なのですが、まぶたの皮膚をこすったり、刺激を与えたりすると、糸が緩むこともあるのでやさしく扱う必要があります。