短期間で二重まぶたに変身|二重整形で目元の印象change

目元の印象を華やかに

女の人

2種類の施術で対応

目が細いとか小さいといったことでコンプレックスを感じている方は少なくありません。こういった方は、必ずしも実際に目が小さいわけではなく、まぶたが部厚いせいで小さく見えている場合があります。一般に日本人は西洋人に比べてまぶたの皮下脂肪が多く、どうしても厚ぼったく見えてしまいます。また目頭に蒙古ひだと呼ばれるまぶたの重なった部分があり、そのせいで余計に目が小さく見えることになります。まぶたが薄ければ目を開けたときに筋肉の力が先端まで伝わって、きれいな二重まぶたを作ることができます。目の大きさが同じでも、まぶたがパッチリと開けば目元が華やかになり、顔全体の印象を変えることも可能です。そのため多くの美容外科クリニックでは、二重まぶたにする治療が人気を集めています。西洋人に多いまぶたは平行型といって、二重のラインが目頭から目尻までずっと続いているタイプです。美容外科クリニックでも、このような形のまぶたを希望する方が多くなっています。一方で日本人に多いまぶたは末広型と呼ばれ、目尻は二重ですが目頭は一重になっているタイプです。これは蒙古ひだがあるためで、解消してきれいな二重まぶたにするために目頭切開を行う場合もあります。美容外科クリニックで行われる二重手術には、主に埋没法と切開法の2種類があります。埋没法は簡単に言えば、まぶたの先端を折り返して糸で留める手術です。留める箇所は1点から4点まで、いろいろな術式があります。この方法はメスを使わないので傷跡が残らず、施術時間もダウンタイムも短いことがメリットです。そのため手軽にできるプチ整形のひとつとして人気があります。もし出来上がりが気に入らないときは、糸を外せばすぐに元に戻せるという利点もあります。切開法はまぶたに切り込みを入れ、二重のラインを作って縫い合わせる手術です。ダウンタイムは少し長くなりますが、しっかりした二重まぶたが半永久的に作れるため、埋没法では後戻りしてしまう方にも効果的です。この方法では多すぎる皮下脂肪を取り除けることから、埋没法ではきれいなラインが作れない方にも向いています。多少の傷はできますが、二重のラインに隠れるため目立ちません。このほかまぶたの一部だけを切開する部分切開法も行われています。また目頭切開なども含めて複数の施術を同時に行う場合もあります。どんな施術が最も適しているかは、最初から決めつけてしまわず、ドクターとよく話し合って選ぶことが大切です。

ウーマン

簡単に目の印象を変える

二重整形を行えば簡単に目の印象を変えることができますし、メイクでの手間を減らせます。クリニックの利用前に整形にかかる費用やアクセス方法を調べておくことで、お得に利用できることもあるため、まずは事前準備から始めてみましょう。

カウンセリング

美しい目元を作るために

二重手術を行う場合は信頼できる美容整形外科で十分な説明を受け、十分に納得してから必要書類にサインを行います。術後は出来るだけ刺激を与えないようにする必要があり、特に埋没法は強い刺激を与えると糸が緩む原因になりますので注意しましょう。

目

心も顔も幸せになれる

二重にする手術は今や化粧感覚です。手術は主として二つあり、埋没法と切開法です。埋没法は料金も安く手軽に一重に戻すことができます。切開法は大きな二重を望む人に向いていますが、手術料金は埋没法よりも高い場合が多いです。情報を集める事が大切です。

顔を触る人

綺麗になるなら目を変える

埋没法は糸で二重のラインを作り、切開法はメスを入れたところが二重のラインになります。相場は埋没法が5万〜10万円、切開法が20万〜30万円くらいが多いです。とても自然な印象に仕上げてもらえますが、良い医師に施術してもらいましょう。